実践心理学の心さくら お問合せ 実践心理学の心さくら

 

社会的に「大人」の
条件を満たしていても
「精神的に大人」になることは
ちょっと難しい、笑

 

 

 

 

私が
「もっと大人になりたい!」と
強く思ったのは、

 

人生の底辺から
抜け出そうと決心した
38歳のとき。
遅いけど…ね、笑

 

 

自分のイタすぎる経験や
実践心理学をお伝えできる
立場になって
分かったことがあります。

 

 

 

 

それは、

 

大人になるって

「自分の痛みと向き合うこと」

だということ。

 

 

 

 
痛みの解釈の仕方は
人によって違うけれど、
弱さを克服することだったり、
チャレンジすることだったり、
我慢をすることだったり、
嫌な自分と向き合うこと
だったりしますが、

 

 

 

 

 

 

とにかく
大人になるって

 

頭で考えているほど
簡単じゃない!笑

 

 

 

 

 

 

 
だって、
「知ってること」と「出来ること」

が同じでは無い、と
リアルな場面で思い知らされるから。

 
これは ビジネスでも
人間関係でも同じです。

 

 

 

 

 
それでも、
私がいくらか大人になって
負のスパイラルから
抜け出せたのは、
自分の痛い経験を「財産」として
活かせるようになったからです。

 

 

 

 

人やお金、物理的な資産も
財産には変わりないけれど、
それは移変りしやすいものでもあり、
最後に残るのは
「自分の経験」と言う
財産だと思っています。

 

だから、自分の経験が
ネガティヴな印象のままでいると
それはずっと負の財産として
抱えているようなもので、

いつになっても
あなたの財産にはならないかもです。

 

 

 

 

 

もしも、
今でも私がこれまでと同じような
考え方で人生を進んでいたら、
きっと私の人生は
ますます下へ下へと転げ落ちていく
人生になっていったと思います。

 
だって
ちゃんと自分と向き合って
人生変えなきゃいけないときに
それができなくて、
大きくコケたんだから、笑

 

 

 

 

 

 

人生が上手く回らないとき、
スピリチュアルに
頼っちゃう人もいますが、

自分の思考パターンや
行動パターンを見直した方が
建設的で効果的です。

 

なぜなら、
根本が変わらなければ、
結局、同じことの繰り返しだから。

(私はそうでした)

 

 

 

 

 

 

 

 
私がビジネスを始めた
20代のとき、
父に言われた言葉ありました。

 
「お前は人生のどん底まで落ちなきゃ
反省できない人間だ」

 

 

当時は
「クソ親父!何言ってんだ!」←口悪い
と心の中で思ったけれど

 

結局私の人生は
どん底までは行かなくても
人生の底辺を
彷徨うことにはなったワケで…笑

 

 

 

 

 

 

 
仕事して、お金を稼いで、
自分の力で生きていくことが
大人だと思っていた頃、
父の言葉は嫌味としか
聞こえませんでしたが、
分かっていたんでしょうね、父は。
「コイツはいつか痛い目に合うぞ」と 笑

 

 
なぜなら…

あの頃の私は

自分のコンプレックス
(劣等感)を認めず、
完璧主義傾向で仕事をし、
反対意見を受け入れないと言う

そんな態度を
家族に見せ続けてきたから・・・

 

 

 

 

 

 

きっとね、
みんなそれぞれに
大人になるタイミングって
あるんだと思います。

 
スピリチュアル的に言うと
魂の成長みたいな。

 
そして、それには
多かれ少なかれ
痛みを伴うものなんだと
私は思っています。

 
失恋の痛手や
大切な人を亡くした悲しみを
乗り越えていくかのように…

 

 

 

 

 

もしあなたが今何かに悩み
行き詰まりを感じているなら、

 

 

「大人になれない部分のあなた」と

真摯に向き合ってみてください。

 

 

 

ポジティブなあなたも
ネガティヴなあなたも

全てのあなたを受け入れたとき、

 
きっと
これまでは気づけなかった
人生のギフトを
受け取ることができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心理学 NLP コミュニケーション カウンセラー 独立 心さくら 関東 栃木 宇都宮

最強コミュニケーション DVD販売
研修・講座依頼はこちら
宮の朝活講習
栃木の女性経営者100
下野新聞に掲載されました
心さくらブログ
お問合せメールはこちら お問合せ


ページトップへ

住友任売センター