実践心理学の心さくら お問合せ 実践心理学の心さくら

悩んだときは、、、

「悩む回数を決めておくといい!」

というお話。。。

 

 

 

私がお伝えしている
実践心理学NLPの中で
【ストラテジー】と言う
脳の活用法があります。

 

ストラテジーは
” 戦略 “と訳せるのですが、

戦略立ててモノゴトを考えたり、
効率よく何かをつくりあげる時に
脳をどのように使ったらいいのか、

の勉強なんですが、、、

 

 

が!!!

実はこのストラテジー
悩みごとがあるときに使うと便利なんです。

 

 

人は未解決な悩みを
繰り返し繰り返し
頭の中で考えてしまう生きもの。

 

毎回悩みがすっきりできれば
一番いいのですが、

 

そうはいかないときも
あったりしますね、、、

 

 

 

例えば

将来の方向性が決まらないとき、、、

仕事に行き詰まっているとき、、、

誰かとの関係性に悩んでいるとき、、、
「もう、考えるのはやめよう」

「今後はこうしよう」
なんて思っても、

無意識のうちに
またそのことを考えてしまっている、、、

 

 

そんな経験
あなたにもありませんか?

 

 

 

無意識任せに
日々を過ごしてしまうと
こんなことがよく起きます。
&nbsp
こんな時に
ストラテジーのポイント

「カウンター」を使ってみてください。

カウンターとは
あらかじめ決めておく回数のこと。

 

 

私が会社を立ち上げた頃、

 

自分好みのホームページを作りたくて

相当な時間をホームページ作りに

費やしました、、、

 

 

分からないことがあれば調べ

必要なものがあれば揃え、

 

 

毎日ホームページのことで

頭がいっぱいになりながら

 

あれこれとやってみるけど

全っ然うまくいかない!!!

 

 

イライラする気持ちと

ここまでやったのだから

諦めたくない気持ちとで
毎日葛藤、、、

 

 

 

そして

やっとここでストラテジーを

使おうと決めました。

(もっと早く使えば良かった 笑)

 

 

「あと3回」自分で

ホームページ作りにチャレンジして

それでダメだったら

もうプロにお願いしようと決めました。

 

 

結果、、、

結局一人では

空回りばかりで出来なかったため
プロに頼むことにしました。

 

 

こんな風に

あらかじめカウンターを決めておくと、

悩みを長引かせることがなくなるんです。

 

 

 

例えば、今あなたが

仕事で行き詰まっているならば

 

 

【5回】自分で考えても答えが

明確に出なかったら

もう人に相談しよう!

と決めてしまうこと。

 

 

同じ悩みで「3回」悩んだら

カウンセリングを受けよう。

 

 

子どもに

「宿題しなさい!」と
2回言ったらもう放っておこう。

 

 

何か新しいアイデアが浮かんだとき、

「3人」がいいね!

と言ってくれたら実行する。

 

 

こんなことにも使えます。

 

 

中にはね

カウンターを取り入れても
やっぱり何度も考えてしまう、、、

言う人もます。

 

 

 

そんなとき

「今は解決する時じゃない」

と割り切ってしまうのも良い方法です。

 

 

思考が滞っていると

エネルギーも滞りやすくなりますからね。

お試しください。

 

 

 

それでは、また!

最強コミュニケーション DVD販売
研修・講座依頼はこちら
宮の朝活講習
栃木の女性経営者100
下野新聞に掲載されました
心さくらブログ
お問合せメールはこちら お問合せ


ページトップへ

住友任売センター