実践心理学の心さくら お問合せ 実践心理学の心さくら

 

「誤解されやすい人」

っていますよね。

 

 

 
口下手だったり、
一言多すぎだったりして…。

(私は一言多いタイプ、笑)

 

 

 

後から話しをして
「あれは誤解だった」と
理解し合える機会を
作れたらいいけれど、

 
誤解が誤解を生んで
人間関係が空回りして
しまったりするときがあります。

 

 

 
また、
ここぞと言う大切な
シチュエーションで
「誤解」が生じると、
お互いに
残念な気持ちになったり、 

人によっては怒りや
憤りを感じる人も
いるかも知れません。

 

 

 

 

 

 
そもそも
誤解されやすい人には
ある特徴があります!

 

 
それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

【言葉が足りない】

 

と言うコト。 

 

 

 

 

 

言葉が足りないがために
相手が誤解して
あなたの意図や気持ちを
解釈してしまうワケです。

 

 

 
実践心理学NLPにある
12の前提の中に
こんな言葉があります。

 

 

 

 
「相手の反応が
コミュニケーションの成果である」 

 

 

 

 

これは、
あなたがどのような思いで
どんな言葉を使って
相手に話をしても、

 

 

 

 

【相手が、それをどう解釈したか】

 

というコトです。

 

 

 
そうは言われても…

自分の気持ちや思いを
言葉で伝えるって難しい!

 

そんな風に
感じる人もいると思いますが、

 

 

 
ほとんどの場合、

「ちょっと言葉が足りない」

だけだったりします。 

 

 

 

 
一言あるかないか、
補足したかとうか、
確認したかどうか、 

など。

 

 

 

 

 

あなたが誤解されたり、
人を誤解しているかも
知れないときは、

 

ちょっと言葉を
付け足してみましょ〜!

 

 

 

 

勝手に誤解し、誤解され
人間関係を悪くする必要なんて
ないですよね!

 

 

人は話し合えば
大抵は分かり合えるもの、
と私は思っています。

 

 

 
でも、 
どれだけ話しをしても
分かり合えない人もいます、

 

 
でもね、
そんなときだって
ちゃんと話し合えば、

 

 

 
「ああ〜、この人とは
話し合っても無駄だわ!」

 
と、お互いに分かり合えます 笑

 

 

 

 

他にも簡単な解決策を
メルマガでお伝えしています。

無料メルマガからどうぞ♡ 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UtwiUo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩み 心理学 NLP コミュニケーション カウンセラー 独立 心さくら 関東 栃木 宇都宮

最強コミュニケーション DVD販売
研修・講座依頼はこちら
宮の朝活講習
栃木の女性経営者100
下野新聞に掲載されました
心さくらブログ
お問合せメールはこちら お問合せ


ページトップへ

住友任売センター