実践心理学の心さくら お問合せ 実践心理学の心さくら

もう少し余裕が出来てから・・・

もう少し様子を見てから・・・

いつかそのうちに・・・

 

 

未来の自分に期待して

今日も気になるコトを先送りにする。

 

 

例えば、それはダイエットであったり

何かの勉強であったり

新しいコトへのチャレンジだったり。

 

 

日本の男性の平均寿命が80歳、女性は86歳と言われますが

自分が真に生きたいと思う人生設計を考えると

50代くらいまでに、どんな人生体験を経てきたかが

後の人生を左右するように感じます。

仕事やスキル、考え方や習慣、お金の使い方、人間関係など

それらの集大成が晩年の生き方を創り上げる。

私はそんな風に感じています。

 

 

私の人生で言うと、平均寿命の半分を迎えようとしています。

その中で、自分が活動的に、意欲的に人生を満喫できるのは

あと20年ほどなのかな・・・と考えています。

人生は何歳からでもチャレンジできるのは事実です。

けれど、50代までに身につけた基礎体力や基礎学力があるからこそ

後の活動的な人生を送れるのではないかと思っています。

 

 

例えば、ラーメン屋さんを営みたいと思ったとき

40代で修行をして起業するのと

60代で修行して起業するのでは

体力や記憶力、自分の曲げられない価値観など

エネルギーのかけ方に差が出てくるのは事実です。

 

 

 

私たちは、日常の忙しさから

色々なコトを先送りにしてしまいがちです。

自分の感情が、心が気になったコトは

すべてあなたの無意識からのメッセージです。

私たちの無意識は、自分がどこへ向かいたいのか

全て分かっていると言われています。

ただ、理性が防御して、それをやらない言い訳を見つけてしまいます。

 

 

私たちの無意識は、とても優れた羅針盤です。

みんな一人一人の羅針盤は違っていて

あなたに必要なものが揃っている素敵な場所へ

道案内をしてくれている優秀なナビゲーターのようなもの。

 

 

もう少しお金に余裕が出たらやろう。

もう少し時間が取れるようになったらやろう。

今じゃなくても、いいかな。

 

 

 

こんな風に、私たちの顕在意識は先送りの理由を見つけ出しますが

どうか、素直なあなたの心に聞いてみてください。

 

 

あなたが本当にやりたいことは何でしょうか。

もし、神様がいたとしたら、あなたは神様とどんな約束をして

この世に降り立ったのでしょうか。

 

 

まわりで困っている人の役に立つためかも知れないし

家族とのつながりを大切にするためかも知れないし

ビジネスで世の中に貢献するためかも知れません。

 

 

社会のルールや秩序を守ることは大切です。

でも、必要以上に人目を気にしたり、常に自分より優れた人と比べて凹んだり

自分自身を過小評価してみたり・・・

そんなことをする必要はありません。 

 

あなたがあなたらしく生きられる場所は必ずあります。

だから、自分の感情に素直になって

できる小さな一歩を踏み出してみてください。

 

 

その小さな一歩が、やがて大きな変化へと変わることを

私は何度も経験していますし、そんな生徒さんの姿をたくさん見てきています。

 

 

 

私自身の人生も、一進一退だったりで、うまくいく時ばかりではありません。

それでも小さな一歩を出し続けることで、新しいパターンを創り出し

いつしかそれが、ギフトとなって自分に返ってきています。

 

 

この人生は一度きり、私の人生は泣いても笑っても

あと半分!のハズ。笑

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

それでは、今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NLP 心理学 コミュニケーション 心理カウンセラー 独立 心さくら 関東 栃木 宇都宮 

最強コミュニケーション DVD販売
研修・講座依頼はこちら
宮の朝活講習
栃木の女性経営者100
下野新聞に掲載されました
心さくらブログ
お問合せメールはこちら お問合せ


ページトップへ

住友任売センター