【40代女性・・・結婚できない悩み】

【40代女性・・・結婚できない悩み】

いつも男性に逃げられてしまう・・・
そんな40代女性からの悩み

 

 

まずはご相談内容から・・・

あと4ヶ月で42才になります。
どうしても43才までに結婚したいと思っています。
今までに付き合ってきた男性が5人いますが、
いつも結婚の話が出る前に
彼の方から別れを告げられるか、自然消滅になってしまいます。
私は仕事柄、コミュニケーション能力は
高い方だと自負していますし、
体型やファッションにもかなり気をつけています。
職場の仲間とも良い関係が築けていると思っています。

20代の時に付き合っていた彼から
結婚の話が出たことがありましたが、
その時はまだまだ仕事が忙しく、
キャリアを積み始めたばかりだったので
結婚する気持ちにはなれませんでした。
何年か先に今の彼と結婚できたら良いと思っていましたが、
彼に別に好きな女性ができたと告げられ、そのまま破局。
その後も彼氏はできましたが、
付き合い始めて2ヶ月位経つと態度が何となく素っ気なくなり、
「後で連絡する」と言われたまま
何週間も連絡がこない状態になってしまいます。30代になってからは、「もう仕事に生きる!」
と決めて仕事を頑張ってきましたが、
さすがに35歳を過ぎた頃から焦りが出てくるようになり、
そこからまた真剣にパートナー探しを始めました。出会いは友達の紹介が多く、
紹介された男性のほとんどから
デートや食事に誘ってもらえていましたが、
やはり付き合って2ヶ月ほどすると、
いつも同じような感じになってしまいます。

勉強も仕事も友人関係も全部順調にやってきているのに
「どうして結婚だけできないの?」
「何で誰も私を貰ってくれないの!」
そんな思いで毎日頭の中がぐちゃぐちゃです。

最近では部下の結婚話を聞くたび
あの子ができてなぜ私が出来ないのか?
と苛立ちしか感じません。

なぜ私だけ結婚できないんでしょうか、
何か心理的な問題が絡んでいるのでしょうか。

 

メールでご相談を受けた内容の
一部を抜粋してご紹介しています。

この後、実際にオンラインで
カウンセリングを受けて頂いたのですが、
彼女と同じような悩みを抱えている人の
参考になるかも知れないので
ここでご紹介させて頂きます。

まず、彼女の言葉で
私が気になったのが、この部分。

『どうしてこの私が結婚できないの!』

この私が!」「どうして?」

なんかね、、、怒りの様な彼女の感情を感じました。

自分には魅力もキャリアも十分あるのに
この私が結婚できないなんてあり得ない!
・・・そんな感じです。

相談者の彼女がなぜ結婚できないのか。
答えは明白です。

そこに「焦り」と「思い込み」があるから、
なんですね・・・

人生で何かうまくいかないことが起こっているとき、
大概はそこに焦りと思い込みがあります。

 

焦りは不幸の始まり

まず焦りですが、
焦りというのは、どれだけ隠していても
相手に伝わってしまうもの。

なので、
まだ出会って間もない彼女から
結婚を焦っている様子を感じたら
男性が距離を置きたくなってしまうのも
仕方のない事かも知れません。

また、私たちの深層心理でも、
焦っている時と言うのは
適切な判断ができないことが多いものです。

例えば、
早く仕事を終わらせようと焦っている時に限って
上手く仕事が進まなかったり、邪魔が入ったり・・・
また、急いでいる時に事故や
怪我に遭いそうになった経験ないですか?

ちなみにね、、、
私は焦りから2度結婚して
2度離婚した経験を持っています。苦笑
2度も同じことを繰り返すなんて
今思うとホント、アホです。。。

1度目の結婚は26歳のとき。
周りの友達がどんどん結婚していって
すごく焦っていたとき、
当時付き合っていた彼からポロポーズをされそのまま結婚。
(結婚するまでに婚約破棄したり色々ありましたが)

2度目の結婚のときは、
早くまた自分の家族を作らなきゃ!
と変な焦りから勢いで結婚。

あの時、もう少し冷静な自分でいたら
わざわざ辛い経験を自ら招くことはなかったと思います。
まぁ、あの経験のお陰で今の私があるとも言えるのですが、
焦って何かを決める、まして結婚となれば尚更
焦って決めない方が良い。

なので今の様な心の状態で
結婚が決まらなかったことは
ある意味ラッキーだったと私は思うんですね。
仮に結婚できたとしても、
今度は出産に焦り・・・
マイホームを手に入れることに焦り・・・
と繰り返すことになりそうです。

そして、相談者の彼女には
今ちゃんと知ってほしい大切な事がありました。
それが、「結婚を焦らせる本当の理由を知ること」

焦る気持ちというのは
ゴールがあってこそ起こるもの・・・
遅刻をしないようにするのも、
仕事を急いでするのも、
慌てて受験勉強をするのも、
決めたゴールに間に合わない時に起こるものです。

結婚というのはある意味
自分で決めたゴールになりますが、
そもそも相談者の彼女の場合は
このゴール設定が間違っていました。

だって、結婚とはゴールではなく、
お互いの関係性の延長上にあるものだから。
(政略結婚とかは別でね)

なので、焦りを生み出している
どんな「思い込み」があるのかを
彼女に知ってもらうことがとっても大切でした。

 

自分を制限する思い込みを外せば
運命の出会いがやって来る

思い込みのほとんどは、
3歳〜21歳頃に出来上がります。
親の影響や、友達、テレビの影響を受けて
無意識の中で創られていきます。

この思い込みがポジティブに
働いている時は良いのですが、
そうでない時には自分を苦しめる原因になります。

相談者の彼女は2回のワークで
幼少期の思い込みを外しました。
根強くあったのは母親との関係・・・
他に、他人の評価を気にしすぎることが
彼女の生きづらさになっていましたが、

3時間たっぷりワークをした後は
憑き物が落ちた様子になり、
結婚を焦る気持ちがす〜っと
消えていったと話してくれました。

結婚だけではないですが、
もしあなたが何かに焦って辛いとき、

そこには、あなたの「思い込み」が
働いていることを意識してくださいね。

軽いものであれば、
自分がどんな思い込みをしているのか
気づけただけでスッと心がほぐれていきます。

自分で見つけるとが難しいときは
体験カウンセリングを受けてみてください。

それでは、また!

心理カウンセリング体験講座


LINE@登録はこちら

お問合せはこちら